2023年6月 ご神木プージャのご報告 ~破壊、その後に続くもの~

2023年6月3日ご神木プージャの炎

6月3日(土)22時~約40分間恒例のご神木プージャ護摩祈禱を執り行いました。

今回も皆さまの願意が叶うようご祈願させていただきました。

いつもご参加いただいている方、初めてご参加いただいた方、ありがとうございます。

仙人師匠共々厚くお礼申し上げます。

目次

ダイヤモンドは砕けない・・・秘法ダイヤモンド・アッシーズ・プージャ

今回は、ダイヤモンド・アッシーズ・プージャをするための修行をしました。
アッシーズとは、灰という意味です。
ダイヤモンド・アッシーズ・プージャには本物のダイヤモンドを使います。

このダイヤモンド・アッシーズ・プージャは故・カレスワーラ・スワミが50万円で受けていた特別行で、日本人で受けたのは10人にも満たなかったそうです。
外国人は受けていないようなので、まさに奥義とも言える特別な行と言えることができましょう。

土曜日の夜のプージャのために、前日から師匠と兄弟子と3人で特別な部屋に籠り、ダイヤモンドを握ってひたすらマントラを唱えました。
声を長い時間出し続けると枯れてきますし、疲れてヘロヘロになります。
声を出しているだけではなく、その瞑想中は自身の魂や肉体の穢れを浄化しているため、大変くたびれるのです。

マントラを声に出し、お互いのマントラを共鳴させ、トランス状態になる行であり、これが成功すると、右手に握ったダイヤモンドの結合は分解され、金づちで叩くと割れる現象が起こります。
本物のダイヤモンドを使いますので、普通なら砕くことは不可能でしょう。

プージャの直前に、そのダイヤモンドをハンマーで叩き割ります。
成功するか否か、叩き割る時は各々の緊張が高まりました。

幸いにも皆のダイヤモンドはすべて砕け散ったので、前行は上手く行ったといえます。
その砕け粉々になったダイヤモンドをプージャの炎にくべます。
ダイヤモンドのように固く強いエネルギーを魂が受け取って、魂が進化していきます。

今回のご神木プージャでは、そのダイヤモンド・アッシーズ・プージャのエネルギーをお送りしました。
受け取っていただけたでしょうか?

修行で強いエネルギーを受けたり、聖地を訪問したりすると、「エネルギー当たり」という好転反応が起こることがあります。
今回、私はそれが起こったため、起き上がっているのも辛いくらい体調がすぐれませんでした。
なんとも表現できないようなおどろおどろしい邪気に飲み込まれ、一体この苦しみがいつまで続くのかと気持ちがゲンナリし滅入りました。

「なんでこんな苦しみがあるのだろうか?」
「本来、世界は愛に満ちて美しいはずなのに、この邪気は一体何でどこから来るのだろうか?」

私は未熟で弱い人間なので、体調がすぐれないと途端に弱気になって愚痴をこぼしたくなります。
苦しいし、気持ち悪いし、一刻も早くこの状況を抜け出したいのです。
辛いので苦しそうな顔をしたり、人と会話をするのもおっくうで人を避けたりしてしまいます。
何ともわがままで弱い人間だと思えて情けなくなります。

師匠も修行の道程で心臓に大きなダメージを負い、生命の危機に立たされましたが、弱っていても心は強くあり続けていましたので、弱音を吐くことはありませんでした。
本当に立派な人だとつくづく思います。

体力があれば、邪気をやがて浄化し回復に向かいますが、体力がなくなれば気力も消耗し死に向かって一直線です。
いずれ誰もが経験する死は、気力体力が枯渇し病魔に抗せなくなり、滅んでいく現象です。

今回もまた幸いにも回復することができましたが、いつかそれもできない時が訪れるのでしょう。
苦しみの中、意識が朦朧(もうろう)とし、少しだけあの世を覗いた感じでした。

滅びや破壊は自然のサイクル

このような苦しみは浄化作用の一つです。
人は誰しもネガティブなエネルギー(邪気)を肉体や心や魂に持っており、そのために人生でさまざまな苦痛が到来します。
病気とは、本来そのようなネガティブなエネルギーを浄化するための自浄作用であります。
軽度な病気や症状は、できるだけ薬に頼らず浄化し排泄した方が、その後の健康のためには良いのです。

しかし、西洋医学では病気を敵とみなし、見えなく感じなくするための治療をします。
敵対し相手を撲滅しようとする思想は、未熟な精神から起こります。
意識が高度に進んだ星の住人からみたら、地球人は幼稚で劣等な精神の生き物のように見えることでしょう。

今回はちょうど台風が到来していました。
台風は強い風雨で海や大地を荒らし、破壊して過ぎ去っていきます。
台風は来て欲しくない厄介者的な存在ですが、それは人間の偏った見方です。

台風は空気や水を円形にかき回して浄化します。
山は大雨で土壌が流され、河川は増水し土砂で茶色になった水が大量に押し流されていきます。
海は大波が荒れ狂い、船がこぎ出でることも不可能になります。

まさに台風は破壊の象徴でありますが、山は台風のお陰で土壌の栄養分が蘇り、植物が生育するエネルギー源となります。
土壌のミネラル分は川に溶け込み、川や海の生き物の生命を支える素となります。
そして、海にはプランクトンが増えて、魚が増えていきます。
台風の後の漁は大漁になるので、漁師さんは喜ぶのです。
大気は澄んでどこまでも青々とした空が天に広がります。
台風一過の爽快さは誰もが味わっていることでしょう。

このように、破壊の象徴である台風は破壊しつくし、時には人の生活を破綻させて、過ぎ去っていきます。
しかし、破壊の後には豊穣が訪れます。
それが宇宙の真理です。

宇宙は創造・成長維持・破壊のサイクルで運行されており、それぞれをブラフマー・ヴィシュヌ・シヴァが役割を受け持ちます。
破壊はシヴァのエネルギーであり、その後には創造と成長が訪れるのです。

東京湾の色も土砂を含み茶色に変化していました

人体や人生においても同様です。
一見、困難な病気や障害が訪れると人生がとんでもないことになったと思えるかもしれません。
しかし、しばらく後にはより良い展開になっていくのが人生の真理であります。
あまりに短期的な視点で物事を見ていると本質を見失い、余計に苦しむことになります。

例えば、失業をした、失恋をした・・・このような不幸や災難があったらどうでしょう。
好きな異性を逃してしまったら、その後の人生はお先真っ暗に思えるかもしれません。
しかし、長い目で見たら、あの時あの人と別れていたお陰で今の良い人と一緒に居られるというような因果になっているのです。

私も今回の修行では、大変辛い思いをしましたが、それが無事に経過すればその後にもっと良い状態になっていると希望を持ち耐えています。
そのように人生のサイクルを理解し、長期の視点で人生を俯瞰(ふかん)し希望を持って生き抜く姿勢は、豊かな人生を送る上で大切なことです。

ギフトと次回のプージャのご案内

虎皮とご神木
虎皮とご神木

ご神木プージャでは、数ヶ月前から1万円以上のドネーション(お布施)の方には、ご神木に虎皮を巻いて特別プージャをしています。

虎皮でパワーを増強しているため、一層強力なエネルギーが届くのではないかと思います。

師の師匠のインドのスワミもかつて特別プージャとして、タイガースキンプージャというスペシャルなプージャをしていました。

それは虎の皮を使ったプージャで、参加費は50万円だったそうです。

インドでも虎皮は手に入りませんから、その値段も(うなず)けるところです。

しかし、師の庵では毎月それをやっていますから、いかに貴重であるか想像に難くありません。

今回ご神木プージャにご参加くださった方々にはプリースト(司祭)の師匠からギフトを預かっています。

ドネーション(お布施)が1万円以上の方と、そうではない方と、ギフトが違います。

お手元に届くギフトを大切にご愛用いただければ幸いです。

________________________________________

最近は、Twitterで正確な開始時間を告知しているため、その時間に合わせて瞑想やお祈りをされている人が増えてきている様です。

また、今回はTwitterでお知らせしたシルディ・サイババのマントラでプージャをしました。

22時からの開始に合わせて、シルディ・サイババのマントラで一緒にお祈りをしてくださった方も多かったことでしょう。

もちろん、シヴァのマントラ(オーム・ナ・マ・シヴァ・ヤ)でも問題ありません。

➡ 水野博友Twitter

そして、気に敏感な方は「凄いエネルギーが来ている!」「プージャが終わった頃、身体が軽くなる!」と嬉しいご感想をメールで寄せてくれる人も少なくありません。

プージャのエネルギーを感じることができたら、プージャに参加している実感がより高まるから喜ばしいことではありますが、感じる感じないは気(エネルギー)への感度の個人差があるため気にする必要はありません。

肝心なのは、プージャに参加し共に神仏にご祈願することで、お悩みの問題となっているカルマ(業/因縁/メグリ)のエネルギーが浄化され、願意到達に着実に近づいているということです。

 さて、次回のご神木プージャは、

7月1日(土)の夜(22時頃)

に開催します。

 (ご神木の締め切りは、6月27日 火曜日です。)

※締め切りを過ぎて到着したご神木は次月に回させていただきます。こちらから特に連絡は差し上げませんので、ゆとりをもってお届け願います。

自分の願いの成就を後押ししてほしい方は、下記のページ中にある。「ご神木プージャお申込みフォーム」に必要事項を入力し送信してください。

ご神木プージャは1本3000円以上のご喜捨(お布施)で承っています。

➡ 「邪気祓い開運堂」 「願いを叶えるファイヤープージャ」

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

「良いことが起こった!」「ご神木プージャのエネルギーが凄かった!!」など何でもご感想をお寄せください。皆さまのお声が励みとなり、次の力になっていきます。宜しくお願い致します。

※翌々月もご神木プージャにご参加をご希望される方は、次回のご神木を弊店に送られる際に「ご神木〇本希望」とメモを同封していただけると、来月のギフトと一緒にご神木もお送りさせていただきます。この場合、お客様のご神木発送の送料はかかりませんので、無駄な出費を抑えられます。できましたらこの様にお願い致します。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる