皆さん、こんにちは。

 

日本には古来より「お天道様が見てる」という言葉があります。

 

悪いことをしようとする人に、「お天道様が見てるよ!」と注意を促す時にこの言葉を使います。

優しくいい感じのおばあちゃんが、子供に「お天道様が見ているよ」と語っているシーンが何となく想像できます。

 

この言葉は、お日様、またはご神仏がいつも見ているから、悪いことや心にやましいことをしてはいけないよという意味です。

 

 

 

 

では、本当にお天道様は見ているのでしょうか?

 

私の気功治療の仕事から得た体験を踏まえ、それを考察してみたいと思います。

 

 

 

気功治療(外気功)において、気の出し方には大きく2通りの方法があります。

 

一つには、自分で気を練り、気を高め、それを他者に放射する方法です。

私はそれを「練成型」の気功と呼んでいます。

 

もう一つは、神仏や霊とつながり、その力を導いて、それを他者に放射する方法です。

これは気功治療家・ヒーラーが導管的な役割を果たすことから、私は「仲介型」の気功と呼んでいます。

西洋では、スピリチュアル・ヒーリングやゴッド・ヒーリングと言います。

 

 

私の場合は、後者にあたり、様々なご神仏とつながってその力で病を癒しています。

この仕事を始めた頃は、自身の身体にビリビリと僅かに氣(エネルギー)を感じていたものですが、今では力強い氣がグワーンと入って来る実感を持つに至りました。

 

 

 

お客様の気功治療を始める前に、いつも神前でご祈願をしてから入ります。

「○○さんの、△△が速やかに治ります様に・・・」という感じでお祈りをするのです。

 

 

しばらくそうしていると、グワーンと力強い氣(エネルギー)が入ってきて、自身の身体が空っぽの状態から、力(氣)に満ちた状態に変化します。

 

この様にして準備をすると気功治療の結果も概ね良好です。

 

 

 

ここで、重要なのが、この力(氣)が入って来る現象は、私の意思ではなく、完全に他力、つまり外部の何者かの意思が働いているということです。

 

仲介者である気功治療家のコンディションも少しは関係しますが、こちらの祈りという呼びかけに目には見えない何者かの意思が呼応しています。

 

 

 

そうすると、どの様なことが起きるかと言うと、気功治療家が祈りという呼びかけをした際に、大きく応えてもらえる場合と、小さく応えてもらえる場合に分かれてしまうのです。

 

 

具体的には、「○○さんの病気が治る様に」とご祈願をすると、グワーンと強く大きな力が入って来る場合と、カツカツで「全然入ってこないわ」という場合に分かれます。

 

 

前者の場合は、気功治療中に大きな力(氣)が私自身の身体を動きますので、私は喜びに溢れて施術し、その効果が目覚ましく、更に施術者の私自身も一緒に浄化され、術後には心身爽快になります。

これは大変ありがたいことで、内心、私はこちらがお金を払ってあげたくなります(笑)

 

 

一方、後者の場合は、氣が余り来ないからカツカツ状態で、仕舞いには私自身の氣を出してしまったりしてフラフラで消耗すること甚だしい状態になります。

 

 

自分自身の気(エネルギー)をだす、「練成型」の気功であれば、術者の意思が主になりますから、受け手に依(よ)らずある程度一定のアウトプットが可能でしょう。

 

 

しかし、「仲介型」の氣功・スピリチュアル・ヒーリングでは、外部(つまりご神仏)の意思が主になりますから、受け手の要素によってアウトプットが大きく左右することになります。

これは、私の受け手(お客様)への好悪の感情が、氣の多寡(たか)に影響しているということではありません。

 

 

 

「この凄く大きな違いは、一体何から来るのだろうか?」

 

 

これは、長く私自身の中での疑問でした。

今では、その答えは明確になっています。

 

 

力(氣)がたくさん降りて来る人は、ご神仏に好かれている、またはご神仏が助けようとしているのだと考えています。

この様な人は、有徳の人だと言えます。

 

つまり、徳(グッドカルマ)という天の貯金を持っている人と考えられるのです。

 

これまで他人を助けたり、他人を喜ばせたり力づけたりして、感謝されることが多い良い生き方をしてきたのでしょう。

または、敬神の心篤く、ご神仏と良い関係を築いて来たのでしょう。

 

 

この様な人は、気功治療の場面だけではなく、人生の要所要所で見えない力に助けられ、大変なことが起こらず、人生が良い方向に運びます。

奇跡的なこと、不思議なことが頻発し、いつも助けられ導かれています。

 

いわば、いつも神様に護って貰っている、いわゆるご加護が厚い人であると言うことができます。

 

 

 

一方、力(氣)が全然降りてこない人は、ご神仏とは縁遠いと考えられます。

自分中心で、他の人はどうなっても関係がないという「我よし」の生き方をしてきたのかもしれません。

または、自身の過去世やご先祖様が大きなカルマ(業・因縁)を作って、その借金がまだ解消していないのかもしれません。

 

 

 

 

気功治療の際に、大きな力(氣)が動く人に会えると、

 

「この人は、善い生き方をしてきたのだなぁ」

 

 

と、感心し、私は思わず頭を下げたくなります。

 

 

 

これから推察される様に、徳という天の貯金があるかどうかは、その人の人生に多大な影響を与えていると言えます。

もし、カルマ(業・因縁)という借金があると、物事が良くない方向に進み、トラブルや問題が多く苦しみの多い人生を歩みます。

 

 

つまり、私たちの生き方は常にお天道様(=神仏)に採点されていると言っても過言ではありません

だから、誰も見ていないからいいだろうと甘く考え、自分勝手・自分本位の生き方をしてると、天の貯金を減らしたり、借金をつくったりして、後々自分自身で清算する羽目になります。

 

 

これから分かる様に、「お天道様が見ている」というのは、。厳然としてあるものと私は考えています。

だから、私がお爺さんになった時、子供たちに「お天道様が見てるよ」と諭しているかもしれません。

この考え方が分かる方は、お天道様が喜ぶ生き方を是非実践し、良い人生を生きてほしいと思います。

 

 

最後に・・・ここまで気功治療では受け手の要素が結果を分けるということを述べてきました。

確かにそういうことはあるのですが、それを逃げ場にするのではなく、やはり気功治療家としてできるだけ短期で結果を出そうという熱い気持ちはいつも持ち合わせていなければならないと思っています。